【飲食店向け】インスタグラム集客に必須!プロフィールの解説と作り方

kaboompics / Pixabay
WEBマーケティング

 

インスタグラムの利用数は3,300万アカウントを超え、なんとその数は日本の人口の1/4の規模に成長しています。こんな巨大集客ツールであるインスタグラムとは、簡単に言うと写真を中心にしたSNSです。料理やお店の雰囲気が商品である飲食店にとっては、今や必ず使うべきツールと言えるでしょう。

この記事では、そのインスタグラムでの集客をスタートさせるための準備である「プロフィールの作り方」について解説します。

【飲食店向け】インスタグラム集客に必須!プロフィールの解説と作り方

インスタグラム初心者で「プロフィールって何?」という方のために、まずは解説します。

インスタグラムのプロフィールは、お店で例えると「店舗の外観・店構え」のようなものです。お店の外観では、何を食べようか迷いながらあなたのお店の前の通りを歩いている通行人に目を留めてもらうために、お店の外観にいろいろな工夫をしていますよね?

インスタグラムのプロフィールも、考え方は同じです。インターネットという世界で「自分の好みに合うお店はないかな?」と探している人達が、膨大な情報量の中からあなたのお店の前に辿り着き「どれどれ、どんなお店?」と真っ先に見る場所が、インスタグラムのプロフィールです。

具体的にどのような見た目になるのかは、下の画像をご覧ください。

↓↓↓↓

特に「自己紹介はココです」と書いてある150文字の部分に、お客様に伝えたい内容を見やすく、簡潔に書くのがポイントです。

インスタグラムのプロフィールの作り方

まず、プロフィール画面は8つの項目からできています。

①名前 (アカウント名)
インスタグラムのアカウント作成時に入力しているはずですが後から変更もできます。飲食店のアカウントであれば、ここには店名を入れましょう。日本語表記もOKです

②ユーザーネーム
インスタグラムのアカウント作成時に入力しているはずですが後から変更もできます。写真の投稿画面に表示されるのはユーザー名のみなので、シンプルでわかりやすく店名に近いものが良いです。ユーザー名はアルファベットのみで日本語は使えません。

③ウェブサイト
お店のオフィシャルサイトを入力しましょう

④自己紹介(150文字まで)
ここの活用法が重要

以下の⑤〜⑧はプロアカウントに切り替えると表示されます

⑤ページ
Facebookページへのリンクができます

⑥カテゴリ
お店のカテゴリを設定できます(カフェ、居酒屋、レストランなど)

⑦連絡先オプション
お店のメールアドレス、電話番号、住所を入力できます

⑧プロフィール表示
特に表示内容を制限するメリットはないので[非表示なし]にしましょう

 

上記の8つの項目は、下記のプロフィール編集画面で入力・変更できます。
このアカウントはプロアカウントのものです。
↓↓↓

プロアカウントって何?という方は下記の記事をオススメします

飲食店集客に必須!インスタグラムのプロアカウントとは

この8つの中で最も自由度の高いのは自己紹介の部分です。
ここに入れる内容はとってもシンプル。

下記の4大要素を考えればOKです!

プロフィールに入れるべき4大要素

何が食べられるお店か

何が特徴のお店か

営業時間

定休日

これらの要素を改行なども工夫しながら、パッと見た時に情報が見やすく分かりやすく整理されていることがとっても重要です。

いつでもすぐに変更できるので、気軽にチャレンジしてみてくださいね!